未分類

鹿児島スタジオ制作日記①

 

こんにちは!

 

eggfilmに興味を持って頂き、ありがとうございます。

 

(この夏openの鹿児島スタジオですが、まだほとんど何も公開していないにも関わらず、毎日数件の電話カウンセリングのお申し込みを頂いています。ありがとうございます・・。)

 

 

この記事では、そんな鹿児島スタジオの制作過程を綴っています。よろしくお願いします。

 

この日記で公開している写真などは、”少し前のもの”です。

実際はもっと制作は進んでいますが、「制作の過程も見たい!」とおっしゃって下さる方が多くおられたので、

過去の写真を引っ張り出して、つらつら記していきます。

eggのスタジオがどんな試行錯誤を経て作られているか、のぞいてみてください👰👀

 

早速いきます🙇‍♂️

 

今作っているブースはこちら👰📸

 

(初公開のブースです。まだまだ制作途中の風景です。)

 

とてもとても、

いい感じになりそうなのですが・・

 

ただ、

 

この写真を見て、僕が少しだけ気になったのは、以下の点です。

↑わかりますでしょうか?

壁には右側の窓から光が当たっているのですが、

下の部分には光が当たっていないので、ここだけ暗くなってしまっているんですね。

 

そこで、この壁の手前にあるドアを開けて、光を入れてみました。

その写真がこちらです↓

これはいい!

と思いました。

比較画像↓

 

特に、下部の色味や明るさが大きく変わったことが、お分かり頂けるのではないでしょうか?

 

1枚目を見て「暗い・・?そうかな・・?」と思われた方も、2枚目を見て「確かに!」と思って頂けたかもしれません。

 

 

光が変わることで、これだけ印象が変わるんですね。

 

これが、eggが事前にほとんどスタジオのデザインをしない理由です。

 

(これを言うととても驚かれることが多いのですが・・)

 

ウエディングスタジオのデザインは、人間の目ではなく、あくまでもカメラで見た時の見え方が重要になるので、

 

カメラマンが、現場で光とレンズ焦点距離を見ながら、すべてを組み立ていく以外に方法が無い・・と僕は思っています。

 

作ってみてダメだったら、ゼロからブースを作り直します。

 

 

話を戻します。

 

そして、上記の写真を見ながら、次に思ったのはこちらです。

 

「どうにも天井が寂しい・・」

 

「あと、もっと写真に奥行きがほしい・・」

 

「何か無いかな・・・何か・・」

 

 

「・・・・・布?」

 

ということで、布をセットしてみました。

 

いい。

 

(実はこれ布ではなくて、アンティークドアを購入したときの梱包材のプチプチです。)

 

ランダムに光が入っているので、布(に見立てたプチプチ)にも光と影が生まれて、とても綺麗ですね。

 

このままプチプチを増やしてみました。

 

いい。

 

いいブースになりそうです・・!

 

あとは、ちゃんとかわいいチュールを探して・・ここに草や花などで装飾をしていきます。

 

ちなみに、上から撮ってもいい感じでした。

 

eggのスタジオは自然光スタジオなので、

ここまで光を見ながら作ったとしても、その日の天気や時間帯によって、最終的にはその表情は変わります。

とは言え、どんな光であっても美しく描写されるよう、試行錯誤して作っていますので、ご安心下さい。

 

「どうやって作っているのか?」

 

を知りたがって下さる方も多いのですが、

 

このように、現場でゼロから作っています。

 

 

同じ作り方は、正直オススメできません。

 

人間3人くらいの人生を、ひたすらに注ぎ込む必要があります。

 

 

そうやって生み出されてきたのが、以下のブース達です。

 

鹿児島スタジオはもちろん、宮崎スタジオも毎日お問い合わせ頂き、本当にありがとうございます。

 

引き続き、よろしくお願いします。

 

追伸:

これまでeggが作ったブースを見てみたい!という方は、下記をタップしてください。

こちらをタップ

※ウエディングスタジオとファミリースタジオが混じっています。

※たくさん画像が出てきますので、良いところでストップしてください👀

 

 

こんなところまで見てくださってありがとうございます・・!

感謝申し上げます。

本当はさらに「宮崎ウエディングスタジオ1st」もあるのですが、あまりに写真が多いので一旦ここで区切ります。

ご覧頂き、ありがとうございました!

 

 

●鹿児島スタジオ制作日記②(衣装編)はこちら

 

●鹿児島スタジオの最新情報はこちら

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。