雇用について

eggfilmの採用試験に、正式にご応募頂き、誠にありがとうございます。

こちらの記事では、zoom面談時にご質問が多かったことをまとめてございますので、再度ご確認頂ければ幸いです。

①定額残業の30時間について

写真業はクリエイティブな職務内容のため、スタッフの中には、「レタッチ作業に時間をかけすぎてしまい、規定の勤務時間では作業が終わらず残業する」というケースが生じることが、少なからずあります。

(会社が規定する時間でしっかりと作業を終わらせて頂ければ、そういったことはほとんどありません。)

しかしながら、「その残業が適切だったか?(しっかりと規定の作業時間で終わらせた上での残業だったのか?)」を確認することは非常に難しく、日常的にスタッフの作業効率を管理する必要が出てしまいます。

それでは逆にスタッフにとって働きづらい環境となると判断し、eggfilmでは「定額残業月最大30時間」を給与に含ませた上で、出勤管理は全て個々のスタッフに任せています。

(会社側が、「この日は1時間残業した」「この日は早上がりで3時間早く退勤した」などを厳しく管理することもありません。もちろん、「規定の時間内に作業を終わらせたとしても、残業が発生してしまう」ということがあれば、すぐに有川が社内システムの改善や人員追加を行いますのでご安心下さい。)

クリエイティブ系のお仕事である以上、どうしてもこのあたりの問題は避けて通れない点ではあるのですが、eggfilmはその中で、可能な限り従業員が苦しく無い体制作りに全力を尽くしています。

それでも、一般的なサービス業や生産業に携わってきた方の中には、こういった体制に違和感を覚える方もおられるかもしれないため、「きっちりと勤怠管理を会社に管理・把握してもらいたい」という方には、eggfilmは合わないかもしれません。

良くも悪くも、フリーランスに近いくらい自由度が高い職場である、とお考え下さい。

繰り返しになりますが、会社規定の作業時間でしっかりとお仕事して頂ければ、原則残業が多く発生するということは原則ありませんので、その点はご安心頂ければと思います。

 

②撮影の副業について

「ファミリーフォト」「ウエディングフォト」に関わる撮影副業のみ、禁止されております。

これは、無償・有償問わずです。(撮影を行う時点で、eggfilmの競合としての活動になってしまうためです。)

なお、2親等内のご家族様(ご両親やご兄弟、ご自身のお子様など)であれば、有償・無償問わず、個人的なファミリー撮影・ウエディング撮影はして頂いて構いません。ただし、スタジオは使用せず、また、カメラやPCはご自身のものを使用して頂ければと思います。

もちろん、ご友人やご家族や親戚などと一緒に遊びに行った際に、自分のカメラでスナップとして思い出の写真を撮影する、などの撮影行為に関しては一切制限されません。

また、「ファミリーフォト」「ウエディングフォト」以外の撮影の副業については禁止されておりません。(例:美容室のスタイルフォト撮影、飲食店の広告撮影、ネットショップの商材写真撮影など。)こちらも、ご自身のカメラやPCを用いて頂く分には問題ありません。

 

③SNS活動について

「eggfilmカメラマン」としての個人SNSを開設を希望する場合は、会社管理の上での運営となります。

が、それによって大きな集客効果を見込めるものでない限りは、本部が運営するアカウントにそのリソースを集中することを目的として、カメラマン個人のSNSアカウント開設の許可が出ないケースがほとんどです。

 

(また、ご自身のSNSで「eggfilmカメラマン」であることを明記することは、原則ご遠慮頂いています。

これは過去の経験上、お客様から直接「プライベートで2〜3枚でいいので、安くで撮影してもらえませんか?」などの個別メッセージがきてしまい、安易な気持ちでそれに応じた結果、職務規定に違反する形になってしまうことを防ぐためです。

いわゆる”裏引き”行為の誘発を未然に防ぐため、とお考え下さい。

今後、スタジオが国内にどんどん増えていくと、このあたりのことを管理・把握しきれなくなってしまうため、一律でこういったルールを制定させて頂いています。ご了承頂ければ幸いです。)

 

 

以上、ご理解頂いた上で採用選考にご応募頂ければ幸いです。

不明な点があればお気軽にご質問頂ければと思います。それでは、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

株式会社 CHAMELEON